肥満治療にかかる金額

太りすぎの中年

肥満というのは、なかなか自分で解消するのは難しいと言われています。
そのためクリニック等で治療を行うのが、肥満解消への近道です。
こうした肥満治療を行うクリニックでは、コースによって金額も変わってきます。

例えば食事療法を主とした治療の場合、だいたい1~3万円前後が一般的です。
基本的には期間が延びても、料金がプラスされるというところは少ないようです。
ですが逆に期間が延びれば延びるほど、金額がプラスされていくという仕組みのところもあります。
そういうクリニックの場合には、最初の金額が低めに設定されているところが多いようです。
効果としては約3ヶ月前後で、10~20%程度の減量が目安となっています。
脂肪溶解注射を使用した治療の場合には、2万円前後が一般的です。
効果が表れるのは1~2ヶ月後となり即効性はありませんが、脂肪細胞自体を減少させるため確実性はあります。
脂肪吸引での肥満解消を行う場合には、30万円前後かかるのが一般的です。
ただし脂肪吸引では、吸引した脂肪の量によって金額が変動することがあります。
そのためかかる金額というのは、人それぞれバラつきが大きくなる傾向にあるのです。
他の方法に比べると金額は高めですが、「確実性」「即効性」ともにバツグンの効果をもたらします。
リバウンドを気にする人に人気なのが、胃パイパス手術や胃バルーン挿入法による肥満治療です。
これは外科的手術で強制的に胃の容量を小さくする方法で、少量で満腹感を得ることを目的としています。
この方法は特に肥満度の高い人に有効で、平均体重減少率は50~70%ほどと言われているのです。
外科手術をともなうだけあって、金額は少々高めの200万円前後かかるのが一般的です。
このように肥満治療を行うクリニックでは、様々な治療方法があります。
ですので治療を受ける際には、肥満度だけではなく自分の体質や性格までをも考慮して方法を選ぶのが大切となります。

オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031